2024/07/01 更新

写真a

ハンダ タロウ
半田 太郎
Taro Handa
所属
大学院工学研究科 機械システム分野 流体工学研究室 教授   
学位
博士(工学) ( 九州大学 )
外部リンク
連絡先
メールアドレス

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

主な研究論文

  • Mechanism of shock wave oscillation in transonic diffusers

    Taro Handa, Mitsuharu Masada, Kazuyasu Matsuo

    AIAA Journal   41 ( 1 )   64 - 70   2003年

    Three-dimensional normal shock-wave/boundary-layer interaction in a rectangular duct

    Taro Handa, Mitsuharu Masada, Kazuyasu Matsuo

    AIAA Journal   43 ( 10 )   2181 - 2187   2005年

    Measurement of Number Densities in Supersonic Flows Using a Method Based on Laser-Induced Acetone Fluorescence

    Taro Handa, Mitsuharu Masuda, Masashi Kashitani, Yutaka Yamaguchi

    Experiments in Fluids   50 ( 6 )   1685 - 1694   2011年

    Supersonic mixing enhanced by cavity-induced three-dimensional oscillatory flow

    Taro Handa, Aoi Nakano, Kazuya Tanigawa, Jun Fujita

    Experiments in Fluids   55 ( 1711 )   2014年

    Fluidic oscillator actuated by a cavity at high frequencies

    Taro Handa, Ikuhiro Fujimura

    Sensors and Actuators A: Physical   300 ( 111676 )   2019年

経歴

  • 豊田工業大学   教授

    2016年4月 - 現在

  • 九州大学   准(助)教授

    2003年10月 - 2016年3月

  • 九州大学   助手

    1996年4月 - 2003年9月

学歴

  • 九州大学   工学研究科   動力機械工学

    1994年4月 - 1996年3月

      詳細

    国名: 日本国

  • 九州大学   工学部   動力機械工学科

    1990年4月 - 1994年3月

      詳細

    国名: 日本国

所属学協会

  • 日本航空宇宙学会

  • 日本機械学会

  • 可視化情報学会

委員歴

  • 可視化情報学会   第33・34期代議委員  

    2022年4月 - 2024年3月   

      詳細

    団体区分:学協会

  • 日本機械学会東海支部幹事  

    2021年4月 - 現在   

      詳細

    団体区分:学協会

  • 可視化情報学会   第31・32期代議委員  

    2020年4月 - 2022年3月   

      詳細

    団体区分:学協会

  • 日本航空宇宙学会   空力部門委員  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細

    団体区分:学協会

  • 日本機械学会   P-SCC13「マイクロ熱流動に関する調査研究分科会」委員」  

    2015年4月 - 2017年3月   

      詳細

    団体区分:学協会

  • 平成26年度衝撃波シンポジウム実行委員会幹事  

    2015年3月   

      詳細

    団体区分:学協会

  • 日本機械学会流体工学部門第12回流れの夢コンテスト実行委員長  

    2013年11月   

      詳細

    団体区分:学協会

  • 第91期日本機械学会流体工学部門広報委員会委員  

    2013年11月   

      詳細

    団体区分:学協会

  • The 29th international Symposium on Shock Waves, Scientific Review Committee  

    2013年7月   

      詳細

    団体区分:学協会

  • 日本機械学会   流体工学部門広報委員  

    2013年4月 - 2020年3月   

      詳細

    団体区分:学協会

  • 日本機械学会マイクロ気体流れに関する調査研究分科会(P-SCC11)  

    2011年4月 - 2013年3月   

      詳細

    団体区分:学協会

  • 平成18年度衝撃波シンポジウム実行委員会幹事  

    2007年3月   

      詳細

    団体区分:学協会

▼全件表示

研究テーマ

  • 高周波シンセティックジェットアクチュエータの開発

    半田 太郎, 古谷 克司

    2021年度 - 現在

     詳細

    従来のものより省電力かつ高周波で駆動可能なシンセティックジェットアクチュエータの開発を行う.

    成果:

    2023年度
    高周波シンセティックジェットアクチュエータのオリフィスを矩形にしたところ,気流制御に有効な二つの渦からなる渦対が発生することが明らかになった.

  • 次世代型超音速航空機エンジン開発を見据えた軸対称衝撃波反射に関する研究

    半田 太郎

    2021年度 - 2023年度

     詳細

    超音速航空機エンジンの空気取り入れ口(インテーク)を円形断面にすることで,下流の圧縮機との適合性や損失低下の面で有利になる.一般にインテークは衝撃波の反射形態にその性能が左右されるが,円形断面流路内の衝撃波反射形態に関する実験的研究が皆無である.本研究では円形断面インテーク内に生じる衝撃波の反射形態を実験的に明らかにすることを目的とする.

    成果:

    2023年度
    円形断面インテークを模擬したリングモデルから発生する軸対称衝撃波反射をPLIF法により可視化した.また,軸対称衝撃波反射下流に生じる特異な現象が生じる原因の一端を明らかにした.

  • フェムト秒レーザーを利用した大型超音速風洞計測技術の開発

    半田 太郎

    2019年度 - 現在

     詳細

    フェムト秒レーザーを照射して得られる窒素分子の発光を利用した大型超音速風洞計測技術を開発する.

    成果:

    2023年度
    二時刻の窒素の発光強度の比をとることで,超音速流の密度計測を短時間でできる可能性があることを確認した.

  • 感圧塗料による高速非定常流れ計測手法に関する研究

    半田 太郎

    2017年度 - 現在

     詳細

    高速で非定常な流れに感圧塗料を適用するための手法を提案する.

    成果:

    2023年度
    感圧色素をH2TCPPとすることで,劣化の少ない感圧塗料を作成できることが明らかになった.さらに,この塗料を用いることで大気圧より高い圧力下で計測が可能であることが明らかになった.

  • 高周波運動量付加による高速流れ制御手法の提案と運動量付加装置の基礎的特性の解明

    半田 太郎

    2017年度 - 現在

     詳細

    高周波運動量付加により高速流れを制御するための手法を提案するとともに,数十KHzで運動量を変化させられる1mm程度のスケールの装置を作成し,その装置の基礎特性を実験的に明らかにする.

    成果:

    2023年度
    フラッピングジェットデバイスを用いた圧縮性境界層気流制御が可能であることが明らかになった.

  • 超音速マイクロエジェクタを用いた気流制御

    半田 太郎, 瓜田 明

    2017年度 - 2022年度

     詳細

    超音速マイクロエジェクタを用いて速度が数十m/sの気流を制御する手法の開発を行う.

    成果:

    2022年度
    超音速マイクロエジェクタにより転向する流れの転向角を決定するパラメータを明らかにした.

▼全件表示

論文

  • Experimental Investigation of Control Effects of Flapping Jets on Supersonic Cavity Flow 査読

    Yoshinori Oka*, Yuta Ozawa*, Taro Handa, Taku Nonomura*

    AIAA Journal   62 ( 3 )   928 - 939   2024年3月

     詳細

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.2514/1.J063448

  • Density measurement of supersonic airflow using decay characteristics of FLEET emission 査読

    Wakako Yamaguchi, Yosuke Sugioka*, Shunsuke Koike*, Taro Handa

    Experiments in Fluids   64   190   2023年11月

     詳細

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: https://doi.org/10.1007/s00348-023-03738-0

  • Supersonic Cavity-Flow Control Using High-Frequency Flapping Jets Discharged from Fluidic-Oscillator Device 査読

    Yoshinori Oka*, Yuta Ozawa*, Taro Handa, Taku Nonomura*

    AIAA Paper   2023-4237   2023年6月

     詳細

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: https://doi.org/10.2514/6.2023-4237

  • Ultrasonic-driven synthetic-jet actuator: High-efficiency actuator creating high-speed and high-frequency pulsed jet 査読

    Satoshi Yuura*, Yasumasa Watanabe, Katsushi Furutani, Taro Handa

    Sensors and Actuators A: Physical   353   114231   2023年2月

     詳細

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Feasibility study of controlling supersonic boundary-layer flows using jets flapping at several tens of kilohertz 査読

    Rui Aoki*, Ikuhiko Fujimura*, Taro Handa, Chungil Lee **, Yuta Ozawa **, Yuji Saito **, Taku Nonomura **, Keisuke Asai **

    Transactions of JASASS   65 ( 5 )   221 - 229   2022年9月

     詳細

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences  

  • Nozzle design optimization for supersonic wind tunnel by using surrogate-assisted evolutionary algorithms 査読

    Masanobu Matsunaga **, Chihiro Fujio **, Hideaki Ogawa **, Yoshitaka Higa **, Taro Handa

    Aerospace Science and Technology   130   107879   2022年9月

     詳細

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Study on decay characteristics of FLEET emission in air for high resolution measurements of supersonic flows 査読

    Wakako Yamaguchi*, Toshiya Yanase*, Jun Ishihara*, Asuka Nakatani*, Taro Handa, Yosuke Sugioka **, Shunsuke Koike **

    Transactions of JSASS   65 ( 5 )   109 - 115   2022年5月

     詳細

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences  

  • Device for creating a pair of anti-phase-synchronized high-frequency flapping jets 査読

    Tsuyoshi Shoji*, Satoshi Yuura*, Taro Handa

    Sensors and Actuators A: Physical   341   113595   2022年5月

     詳細

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Mechanism of supersonic mixing enhancement by a wall-mounted three-dimensional cavity 査読

    Masayuki Anyoji **, Fujio Akagi **, Yu Matsuda **, Yasuhiro Egami **, Taro Handa

    Acta Astronautica   188   491 - 504   2021年11月

     詳細

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Study on the collapse length of compressible rectangular microjets 査読

    Taro Handa

    Experiments in Fluids   61 ( 9 )   196   2020年8月

     詳細

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • Fluidic oscillator actuated by a cavity at high frequencies 査読

    Taro Handa, Ikuhiro Fujimura*

    Sensors and Actuators A: Physical   300   111676   2019年12月

     詳細

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Peculiarities of low-Reynolds-number supersonic flows in long microchannel 査読

    Taro Handa, Keiichiro Kitahara*, Yu Matsuda **, Yasuhiro Egami **

    Microfluidics and Nanofluidics   23 ( 7 )   88   2019年7月

     詳細

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • Estimation of the Particle Drag Coefficients for Compressible and Rarefied Flows Using PIV and MTV Data 査読

    Taro Handa, Shunsuke Koike **, Kohei Imabayashi*

    Proceedings of 31st International Symposium on Shock Waves   2   1149 - 1154   2019年4月

     詳細

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

  • Investigation on Choking Behavior of Gas Flow in Microducts 査読

    カン ビン, 松田 佑 早稲田大学*, 江上 泰広 愛知工業大学*, Taro Handa

    Microfluidics and Nanofluidics   22 ( 122 )   2018年11月

     詳細

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

  • Investigation on choking behavior of gas flow in microducts 査読

    カン ビン, Yu Matsuda*, Yasuhiro Egami*, Taro Handa

    Microfluidics and Nanofluidics   22   122   2018年10月

     詳細

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

  • Experimental study of small supersonic circular jets actuated by a cavity 査読

    Taro Handa, Akira Urita

    Experimental Thermal and Fluid Science   96 ( 9 )   419 - 429   2018年3月 (   ISSN:0894-1777 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Inc.  

  • Visualization of Supersonic Microjets Using LIF and MTV Techniques 査読

    Taro Handa, Hideto Kambara **, Masaru Harada **

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   261 ( 1 )   012016   2017年10月

     詳細

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IOP (Institute of Physics) Publishing  

  • Steady-state Analysis of Supersonic Mixing Enhanced by a Three-dimensional Cavity Flow 査読

    Takayuki Oka **, Taro Handa, Fujio Akagi **, Sumio Yamaguchi **, Toshiyuki Aoki **, Koichiro Yamabe **, Yusuke Kihara **

    Evergreen   4 ( 1 )   44 - 51   2017年3月 (   ISSN:1884-6300 )

     詳細

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Green Asia Education Center, Kyushu University, Research and Education Center of Carbon Resources, Kyushu University, and Research and Education Center for Advanced Energy Materials, Devices, and Systems, Kyushu University  

  • Phenomena peculiar to underexpanded flows in supersonic micronozzles 査読

    Taro Handa, Yu Matsuda **, Yasuhiro Egami **

    Microfluidics and Nanofluidics   20 ( 12 )   166   2016年11月 (   ISSN:1613-4990 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • Study on the particle traceability in transonic and supersonic flows using molecular tagging velocimetry 査読

    Takayuki Sakurai, Taro Handa, Shunsuke Koike, Katsuhito Mii, Aoi Nakano

    Journal of Visualization   18 ( 3 )   511 - 520   2015年8月 (   ISSN:1343-8875   eISSN:1875-8975 )

     詳細

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12650-015-0286-x

  • Modeling of a Feedback Mechanism in Supersonic Deep-Cavity Flows 査読

    Taro Handa, Hiroaki Miyachi, Hatsuki Kakuno, Takaya Ozaki, Shinji Maruyama

    AIAA Journal   53 ( 2 )   420 - 425   2015年2月 (   ISSN:0001-1452   eISSN:1533-385X )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.J053184

  • Frequencies of Transverse and Longitudinal Oscillations in Supersonic Cavity Flows 査読

    Taro Handa, Kazuya Tanigawa, Yusuke Kihara, Hiroaki Miyachi, Hatsuki Kakuno

    International Journal of Aerospace Engineering   2015   751029   2015年 (   ISSN:1687-5966   eISSN:1687-5974 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2015/751029

  • Supersonic mixing enhanced by cavity-induced three-dimensional oscillatory flow 査読

    Taro Handa, Aoi Nakano, Kazuya Tanigawa, Jun Fujita

    Experiments in Fluids   55 ( 4 )   1711   2014年4月 (   ISSN:0723-4864   eISSN:1432-1114 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00348-014-1711-y

  • Three-Dimensional Normal Shock-Wave/Boundary-Layer Interaction in a Diffuser 査読

    Daisuke Ono, Taro Handa, Mitsuharu Masuda

    Journal of Fluids Engineering-Transactions of the ASME   135 ( 4 )   041105   2013年4月 (   ISSN:0098-2202   eISSN:1528-901X )

     詳細

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1115/1.4023657

  • Generation and propagation of pressure waves in supersonic deep-cavity flows 査読

    Taro Handa, Hiroaki Miyachi, Hatsuki Kakuno, Takaya Ozaki

    Experiments in Fluids   53 ( 6 )   1855 - 1866   2012年12月 (   ISSN:0723-4864 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00348-012-1400-7

  • レーザ誘起蛍光法とシュリーレン法による超音速キャビティ振動流れの可視化 査読

    半田 太郎, 小野 大輔, 久保田 浩之, 宮地 弘明

    日本機械学会論文集B編   78 ( 791 )   1318 - 1326   2012年 (   ISSN:0387-5016 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.78.1318

  • Measurement of number densities in supersonic flows using a method based on laser-induced acetone fluorescence 査読

    Taro Handa, Mitsuharu Masuda, Masashi Kashitani, Yutaka Yamaguchi

    Experiments in Fluids   50 ( 6 )   1685 - 1694   2011年6月 (   ISSN:0723-4864 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00348-010-1029-3

  • 遷音速ディフューザ内における垂直衝撃波/境界層干渉流れの三次元構造解析 査読

    小野 大輔, 半田 太郎, 益田 光治

    日本機械学会論文集 B編   73 ( 728 )   1002 - 1007   2007年

     詳細

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaib.73.1002

  • 超音速キャビティ流れの三次元振動現象の数値解析による可視化 査読

    小野大輔, 半田太郎, 益田光治

    可視化情報学会論文集   26 ( 8 )   74 - 80   2006年8月 (   ISSN:1346-5260 )

     詳細

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Visualization Society of Japan  

    本研究では,超音速キャビティ流れの三次元振動現象を明らかにするため,ナビエ-ストークス方程式を支配方程式とする数値シミュレーションを行った.本数値シミュレーションによって得られた圧力変動の卓越周波数は過去に行われた実験結果と良く一致した.さらに,卓越周波数の変動成分を抽出するために,得られた結果を位相平均し,超音速キャビティ流れの三次元振動現象を可視化した.この可視化結果から,ダクト側壁の存在によりせん断層の非定常挙動がダクトスパン方向で一様にならないことが明らかになった.この非一様性によってキャビティ後縁における音波の発生がダクト中央付近に限定され,結果的にキャビティ内の定在波が三次元的になることがわかった.

    DOI: 10.3154/tvsj.26.74

  • Three-dimensional normal shock-wave/boundary-layer interaction in a rectangular duct 査読

    Taro Handa, Mitsuharu Masuda, Kazuyasu Matsuo

    AIAA Journal   43 ( 10 )   2182 - 2187   2005年 (   ISSN:0001-1452 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Institute of Aeronautics and Astronautics Inc.  

    The three-dimensional flow structure induced by normal shock-wave/turbulent boundary-layer interaction in a constant-area rectangular duct is investigated by a laser-induced-fluorescence method. This diagnostic system uses an argon-ion laser as a light source, and the target gas is dry nitrogen with iodine seeded as a fluorescence material. The Mach-number distributions in the duct are obtained from the measured fluorescence intensity, and the three-dimensional flow pattern in the expansion region downstream of the initial shock wave is clarified. In addition to this, the region having locally higher Mach number near the duct corners is observed immediately behind the shock wave, and the three-dimensional shape of the boundary layers is found. These flow characteristics are reproduced by solving the Navier-Stokes equations numerically. The calculated result reveals that the complicated shock-wave configuration is formed at the duct corner because of the interaction of two bifurcated shock waves developed on the two perpendicularly adjacent walls. The simple flow model is also constructed by considering this interaction. This model can explain very well the three-dimensional flow characteristics. Copyright © 2005 by the American Institute of Aeronautics and Astronautics, Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.2514/1.12976

  • 一定断面積矩形ダクト内における垂直衝撃波/境界層干渉流れの三次元構造に関する実験的研究 査読

    半田太郎, 益田光治, 松尾一泰

    日本機械学会論文集 B編   70 ( 695 )   1687 - 1694   2004年 (   ISSN:0387-5016 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaib.70.1687

  • Mechanism of shock wave oscillation in transonic diffusers 査読

    T Handa, M Masuda, K Matsuo

    AIAA Journal   41 ( 1 )   64 - 70   2003年1月 (   ISSN:0001-1452 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/2.1914

  • Formation of multiple shocklets in a transonic diffuser flow 査読

    T Handa, Y Miyazato, M Masuda, K Matsuo

    Shock Waves   11 ( 6 )   423 - 430   2002年5月 (   ISSN:0938-1287 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s001930200123

  • 感圧塗料の温度依存性および時間応答特性に関する研究 査読

    半田太郎, 益田光治, 松尾一泰, 松本尚之

    日本機械学会論文集 B編   68 ( 669 )   1384 - 1390   2002年 (   ISSN:0387-5016 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.68.1384

  • Effect of Reynolds number on pitot-pressure distribution in underexpanded supersonic freejets 査読

    H. Katanoda, T. Handa, Y. Miyazato, M. Masuda, K. Matsuo

    Journal of Propulsion and Power   17 ( 4 )   940 - 942   2001年 (   ISSN:0748-4658 )

     詳細

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effects of Reynolds number on pilot-pressure distributions were studied for the underexpanded free jets. The hot-wire probe experiments were conducted for the axisymmetry supersonic nozzels with a Mach number of 2.0. The pilot-pressure for laminar and turbulent flows was found to recover downstream of the Mach disk. This recovery was attributed to the viscous effect that gradually transfered momentum from high pressure peripheral to the low pressure central region of the jet. The recovery was significant for turbulent flow while slow and gradual for laminar flow.

    DOI: 10.2514/2.5829

  • 遷音速ディフューザ流れにおける衝撃波の自励振動(第2報,振動のスペクトル分布とピーク周波数)(共著) 査読

    半田 太郎, 宮里 義昭, 益田 光治, 松尾 一泰

    日本機械学会論文集B編   66 ( 645 )   1345 - 1350   2000年 (   ISSN:0387-5016 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.66.1345

  • 遷音速ディフューザ流れにおける衝撃波の自励振動(第1報,衝撃波を揺らすじょう乱の発生源と振動機構)(共著) 査読

    半田 太郎, 宮里 義昭, 益田 光治, 松尾 一泰

    日本機械学会論文集B編   66 ( 645 )   1337 - 1344   2000年 (   ISSN:0387-5016 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.66.1337

  • 熱線流速計の亜音速および遷音速領域への適用 査読

    半田 太郎, 宮里 義昭, 平嶋 拓也, 松尾 一泰

    日本機械学会論文集B編   64 ( 621 )   1385 - 1390   1998年 (   ISSN:0387-5016 )

     詳細

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Constant-temperature hot-wire anemometer is calibrated in a nozzle through which air is sucked from the atmosphere, and the heat transfer characteristic of the hot-wire at low Reynolds numbers is investigated from low subsonic to supersonic range. As a result, it is shown that the Nusselt number Nu which represents the heat transfer characteristic of the hot-wire is a function of both Mach number M and Reynolds number Re when M is in the range from about 0.3 to 1.1,although it depends only on Re in the cases of M<0.3 and M>1.1. It is also shown that Nu becomes maximum when M is about 0.6,which should be noted in measurement of mass flux by means of hot-wire anemometers.

    DOI: 10.1299/kikaib.64.1385

▼全件表示

MISC

  • 蛍光・燐光の発光寿命を利用した計測法 : PSP・TSPの寿命法と分子タギング法 (特集 PSP/TSP) 招待

    松田 佑, 依田 大輔, 森 英男, 半田 太郎

    可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan   37 ( 147 )   177 - 181,図巻頭1p   2017年10月 (   ISSN:0916-4731 )

     詳細

    記述言語:日本語   出版者・発行元:可視化情報学会  

  • 流れの可視化 招待

    半田 太郎

    日本機械学会 機械工学年鑑「流体工学」2017   62 - 63   2017年8月

     詳細

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 高速流れ場計測 招待

    半田 太郎

    日本機械学会 機械工学年鑑「流体工学」2016   50 - 51   2016年8月

     詳細

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • MTVによる気体流れの速度計測 : 超音速マイクロ噴流の速度計測を例として 招待

    半田 太郎, 水田 倉右, 今村 幸平

    可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan   32 ( 125 )   76 - 81   2012年4月 (   ISSN:0916-4731 )

     詳細

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人 可視化情報学会  

    近年, マイクロ気体流れや高速気体流れなどPIV (particle image velocimetry) では速度計測が困難な流れにおける高空間・高時間分解能速度計測の必要性が高まっている. これらの流れにおいて速度計測が可能な手法として, 本稿ではMTV (molecular tagging velocimetly) を紹介する. 本稿では, 最初に気体流れに適用される2つのタイプのMTVについて述べる. 次に, 著者らがこれまでに開発してきたアセトンをトレーサ分子としたMTVシステムについて述べる. さらに, このシステムをスロート高さ286μm, 出口高さ500μmの二次元ラバルノズルから発生する超音速マイクロ噴流に適用した結果を紹介し, 計測された速度の不確かさについて議論する. 最後に, 気体流れ速度計測法としてのMTVの今後の展望を述べる.

    DOI: 10.3154/jvs.32.26

  • 感圧塗料による時間分解圧力計測 招待

    坂村 芳孝, 鈴木 立之, 松本 尚之, 半田 太郎

    可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan   21 ( 83 )   228 - 233   2001年 (   ISSN:0916-4731 )

     詳細

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Visualization Society of Japan  

    DOI: 10.3154/jvs.21.228

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00076046834?from=CiNii

  • プラズマ流体,反応性流体 招待

    半田 太郎, 益田光治

    日本機械学会論文集 B編   66 ( 648 )   1923 - 1923   2000年8月

     詳細

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 流体計測法<改訂版>

    半田 太郎( 範囲: 3・8 分子タギング流速計(MTV) 7・9・3 フォトクロミック色素による可視化)

    日本機械学会  2022年4月 

     詳細

    著書種別:学術書

  • Album of visualization

    INOUE Masahiro, MASUDA Mitsuharu, MURAISHI Takashi, HANDA Taro( 担当: 共著 ,  範囲: Temperature Distributions in the Transonic Duct with Swept-back Bump by Laser-induced Fluorescence Method)

    Visualization Society of Japan  1995年12月 

     詳細

    著書種別:学術書

講演・口頭発表等

  • FLEET光による超音速空気流のシードレス密度計測

    山口和伽子,杉岡洋介,小池俊輔,半田太郎

    2023年度衝撃波シンポジウム  ( 福岡県北九州市 )   2024年3月 

     詳細

    開催年月日: 2024年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェムト秒レーザを用いたシードレス超音速気流計測

    半田太郎,杉岡洋介,小池俊輔

    第19回学際領域における分子イメージングフォーラム  ( 東京都調布市 )   2023年12月 

     詳細

    開催年月日: 2023年12月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 感圧塗料による数十kHzでフラッピング運動する噴流により生じる圧力振動場の計測

    小笠原康太,半田太郎

    高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム2023  ( 大阪市 )   2023年12月 

     詳細

    開催年月日: 2023年12月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Visualization Study on the Ultrasonic-Driven Rectangular Synthetic Jet 国際会議

    Hikari Furukawa, Kiiro Adachi, Katsushi Furutani, Taro Handa

    20th International Conference of Fluid Dynamics  ( Sendai, Miyagi )   2023年11月 

     詳細

    開催年月日: 2023年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Study on the Method for Extracting Pressure Fluctuations Created by Flapping-Jet Device from PSP Data 国際会議

    Kota Ogasawara, Taro Handa

    20th International Conference of Fluid Dynamics  ( Sendai, Miyagi )   2023年11月 

     詳細

    開催年月日: 2023年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • FLEET光の寿命を利用した超音速空気 流の数密度計測法に関する研究

    山口和伽子,杉岡洋介,小池俊輔,半田太郎

    第55回流体力学講演会/第41回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム  ( 東京都 )   2023年7月 

     詳細

    開催年月日: 2023年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Study on Reynolds-Number Dependence of Axisymmetric Shock Reflection in Supersonic Flow 国際会議

    Yoshitaka Higa, Masanobu Matsunaga, Chihiro Fujio, Hideki Ogawa, Kiyonibu Ohtani, Taro Handa

    ASME-JSME-KSME Fluids Engineering Division  ( Osaka )   2023年7月 

     詳細

    開催年月日: 2023年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Study on the Interaction of Low-Density Region and Wall-Reflected Shock Wave Induced by Femtosecond Laser 国際会議

    Daiki Shirakawa, Shunsuke Koike, Yosuke Sugioka, Taro Handa

    ASME-JSME-KSME Fluids Engineering Division  ( Osaka )   2023年7月 

     詳細

    開催年月日: 2023年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • AA-PSPを用いた建造物表面圧力の高 速計測と庇構造による衝撃波減衰促進 に関する基礎研究

    渡邉保真, 田島つぶら, 小谷明, 半田太郎

    2022年度衝撃波シンポジウム  ( 産業技術総合研究所 つくば市 )   2023年3月  日本衝撃波研究会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超音速流制御に適用可能な超音波駆動型シンセ ティックジェットの開発

    湯浦聡史, 渡邉保真, 古谷克司, 半田太郎

    2022年度衝撃波シンポジウム  ( 産業技術総合研究所 つくば市 )   2023年3月  日本衝撃波研究会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 陽極酸化型感圧塗料を用いた柱状構造による窓及び建造物壁面での衝撃波強度低減に関する研究

    田島つぶら*, 渡邉 保真, 小谷明*, 半田 太郎

    第18回 学際領域における分子イメージングフォーラム  ( 調布航空宇宙センター )   2022年12月  宇宙航空研究開発機構(JAXA)

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • FLEET光を利用した超音速流れの密度計測法に関する研究

    山口和伽子*, 渡邉 保真, 杉岡洋介 JAXA**, 小池俊輔 JAXA**, 半田 太郎

    第18回 学際領域における分子イメージングフォーラム  ( 宇宙航空研究開発機構(JAXA)航空技術部門 )   2022年12月  JAXA

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 翼の空力特性および挙動に及ぼす翼剛性の影響

    加川貴大 豊田工大大学院(流体工学研究室)*, 瓜田 明, 半田 太郎

    日本機械学会 第100期流体工学部門講演会  ( 熊本大学 )   2022年11月  日本機械学会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Characterisation of Centreline Reflection for Inward-Turning Axisymmetric Shock Waves 国際会議

    Hideki Ogawa Kyushu University**, Masanobu Matsunaga Kyushu University**, Justin Kin Jun Hew Australian National University**, Roderick W. Boswell Australian National University**, Chihiro Fujio Kyushu University**, Yoshitaka Higa*, Yasumasa Watanabe, Taro Handa, Kiyonobu Ohtani Tohoku University**

    19th International Conference on Flow Dynamics  ( Sendai )   2022年11月  Institute of Fluid Science, Tohoku University

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Study on Visualization Method for Axisymmetric Shock Reflection in Supersonic Flow 国際会議

    Yoshitaka Higa TTI*, Yasumasa Watanabe, Taro Handa, Masanori Matsunaga Kyushu University**, Chihiro Fujio Kyushu University**, Hideaki Ogawa Kyushu University**, Kiyonobu Ohtani Tohoku University**

    19th International Conference on Flow Dynamics  ( Sendai )   2022年11月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超音速流中における軸対称衝撃波反射の可視化手法に関する研究

    比嘉良貴 豊田工大*, 渡邉 保真, 半田 太郎, 松長真宣 九大**, 藤尾秩寛 九大**, 小川秀朗 九大**, 大谷清伸 東北大**

    第54回流体力学講演会/第40回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム  ( 岩手 )   2022年7月  日本航空宇宙学会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高周波フラッピング噴流による斜め衝撃波/境界層干渉流れの能動制御に関 する研究

    湯浦聡史(豊田工大)*, 青木塁(豊田工大)*, 渡邉 保真, 半田 太郎

    第54回流体力学講演会/第40回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム  ( 岩手 )   2022年6月  日本航空宇宙学会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 逆位相同期型高周波フラッピング噴流発生デバイスに関する研究

    庄子毅(豊田工大)*, 半田 太郎

    第54回流体力学講演会/第40回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム  ( 岩手 )   2022年6月  日本航空宇宙学会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • JAXA 1m x 1m 超音速風洞へのFLEETの適用

    小池俊輔 JAXA**, 杉岡洋介 JAXA**, 山口和伽子 豊田工大*, 半田 太郎

    第54回流体力学講演会/第40回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム  ( 岩手 )   2022年6月  日本航空宇宙学会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • FLEET光を利用した超音速流の速度・密度計測法に関する研究

    山口和伽子 豊田工大*, 半田 太郎, 杉岡洋介 JAXA*, 小池俊輔 JAXA*

    第54回流体力学講演会/第40回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム  ( 岩手 )   2022年6月  日本航空宇宙学会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高周波フラッピング噴流を用いた斜め衝撃波/境界層干渉流れの能動制御に関する研究

    青木塁 豊田工大*, 湯浦聡史 豊田工大*, 半田 太郎

    2021年度衝撃波シンポジウム  ( オンライン )   2022年3月  日本衝撃波研究会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 感温塗料を用いた高周波フラッピング噴流による伝熱促進技術の評価

    植松諒 豊田工大*, 半田 太郎

    第 17 回学際領域における分子イメージングフォーラム  ( オンライン )   2021年12月  宇宙航空研究開発機構(JAXA)航空技術部門

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 遺伝的アルゴリズムによる超音速風洞ノズルの形状最適化

    松長真宣 九大**, 藤尾秩寛 九大**, 小川秀朗 九大**, 比嘉良貴 豊田工大*, 半田 太郎

    日本航空宇宙学会西部支部講演会(2021)  ( オンライン )   2021年11月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Investigation on Viscous and Base Effects in Supersonic Ring Wedge Intake Flowfield 国際会議

    Hideki Ogawa 九大*, Chihiro Fujio 九大*, Masanobu Matsunaga 九大*, Yoshitaka Higa 豊田工大*, Taro Handa, Kiyonobu Ohtani 東北大*

    18th International Conference on Flow Dynamics  ( Online )   2021年10月  Institute of Fluid Science, Tohoku University

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Behavior and Aerodynamic Characteristics of Self-Oscillating Elastic Flat Plate in the Flow 国際会議

    Takahiro Kagawa 豊田工大*, Akira Urita, Taro Handa

    18th International Conference on Flow Dynamics  ( Online )   2021年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • High-Speed Schlieren Visualization of Two Jets Flapping in Anti-Phase at High Frequency 国際会議

    Tsuyoshi Shoji 豊田工大*, Taro Handa

    18th International Conference on Flow Dynamics  ( Online )   2021年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Experimental Study on Pressure-Ratio Dependence of High-Frequency Flapping Jets 国際会議

    Satoshi Yuura 豊田工大*, Taro Handa

    18th International Conference on Flow Dynamics  ( Online )   2021年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Experimental Study on the Characteristics of FLEET Emission in Air 国際会議

    Wakako Yamaguchi 豊田工大*, Toshiyuki Yanase 豊田工大*, Jun Ishihara 豊田工大*, Asuka Nakatani 豊田工大*, Taro Handa, Yosuke Sugioka JAXA*, Shunsuke Koike JAXA*

    18th International Conference on Flow Dynamics  ( Online )   2021年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 数十kHzでフラッピング運動する噴流のモード分解解析

    湯浦聡史 豊田工大*, 藤村育大 豊田工大*, 半田 太郎

    日本機械学会 2021年度年次大会  ( オンライン )   2021年9月  日本機械学会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • FLEET を用いた超音速噴流の変動速度場計測 国際会議

    杉岡洋介 JAXA**, 小池俊輔 JAXA**, 半田 太郎

    第53回流体力学講演会/第39回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム  ( オンライン )   2021年7月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • FLEET光の減衰特性を利用した速度・密度同時計測実現可能性の検証

    山口和伽子 豊田工大*, 柳瀬俊哉 豊田工大*, 石原純 豊田工大*, 中谷明日佳 豊田工大*, Yasutake Ohishi, Taro Handa, 杉岡洋介 JAXA*, 小池俊輔 JAXA*

    第53回流体力学講演会/第39回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム  ( オンライン )   2021年7月  日本航空宇宙学会,宇宙航空研究開発機構 (JAXA)

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シュリーレン法で可視化した高周波フラッピング噴流のPOD解析 国際会議

    湯浦聡史*, 藤村育大*, 半田 太郎

    2020年度衝撃波シンポジウム  ( オンライン )   2021年3月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Control of a Flow at 30 m/s Using Supersonic Micro Ejectors 国際会議

    Yoro Nakadori*, Akira Urita, Taro Handa

    17th International Conference on Flow Dynamics  ( Online )   2020年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Experimental Study on the Effect of High-Frequency Flapping Jets on Supersonic Boundary Layer 国際会議

    Rui Aoki*, Ikuhiro Fujimura*, Taro Handa, Chungil Lee*, Yuta Ozawa*, Yuji Saito*, Taku Nonomura*, Keisuke Asai*

    17th International Conference on Flow Dynamics  ( Online )   2020年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Estimation of Heat Transfer Characteristics in Microduct Compressible Flow Based on Molecular Sensor and CFD 国際会議

    Ryo Uematsu*, Bing Han*, Taro Handa, Yu Matsuda*, Yasuhiro Egami*

    17th International Conference on Flow Dynamics  ( Online )   2020年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 数十kHzフラッピング噴流発生薄型デバイスの基礎特性 国際会議

    半田 太郎, 藤村育大*

    日本機械学会2020年度年次大会  ( オンライン )   2020年9月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キャビティ駆動型高周波スウィーピングジェットの高速度撮影 国際会議

    藤村育大*, 瓜田 明, 半田 太郎

    高速度撮影とフォトニクズに関する総合シンポジウム2019  ( 名古屋工業大学 )   2019年11月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Application of Small Supersonic Oscillatory- Jet to Supersonic Mixing Enhancement 国際会議

    Shota Miyazaki*, Akira Urita, Taro Handa

    16th International Conference on Fluid Dynamics  ( Sendai )   2019年11月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Experimental Investigation of Cavity- Actuated Sweeping Jet – Effect of Channel Geometry– 国際会議

    Ikuhiro Fujimura*, Akira Urita, Taro Handa

    16th International Conference on Flow Dynamics  ( Sendai )   2019年11月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Experimental Study on Heating Characteristics of a Hartmann-Sprenger Tube 国際会議

    Jun Ishihara*, Akira Urita, Taro Handa

    16th International Conference on Flow Dynamics  ( Sendai )   2019年11月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 蛍光・燐光を用いた高速流れの計測と可視化 招待 国際会議

    半田 太郎

    第17回日本流体力学会中部支部講演会  ( 名城大学天白キャンパス )   2019年10月  日本流体力学会中部支部

     詳細

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 遷音速・超音速風洞における速度計測を 目的としたフェムト秒レーザーで励起した窒素 の発光特性に関する研究 国際会議

    久田凌希*, 石原純*, 大石 泰丈, 半田 太郎, 小池俊輔 宇宙航空研究開発機構*

    第51回流体力学講演会  ( 早稲田大学 早稲田キャンパス )   2019年7月  日本航空宇宙学会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 衝撃波管を用いたAA-PSPの応答遅れ補正法に関する研究 国際会議

    桑田哲平*, 小谷明*, 坂上博隆*, 半田 太郎

    第14回学際領域における分子イメージングフォーラム  ( 東京 )   2019年3月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Application of PSP in measuring pressure and temperature of gas flow in microduct 国際会議

    カン ビン, 松田佑*, 江上泰広*, 半田 太郎

    平成30年度衝撃波シンポジウム  ( 横浜 )   2019年3月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 衝撃波により生じる感圧塗料の応答遅れ補正法に関する研究 国際会議

    桑田哲平*, 小谷明*, 坂上博隆*, 半田 太郎

    平成30年度衝撃波シンポジウム  ( 横浜 )   2019年3月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Application of PSP in Measuring Pressure and Temperature of Gas Flow in Microduct 国際会議

    カン ビン, 松田 祐 早稲田大学*, 江上 泰広 愛知工業大学*, 半田 太郎

    Symposium on Shock Waves in Japan  ( 横浜国立大学 )   2019年3月  日本衝撃波研究会、宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所、東北大学流体科学研究所

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Measuring pressure or temperature in microflows is usually considered challenging. Nevertheless, with its gradual development, pressure-sensitive paint (PSP) shows more and more satisfying capability in surveying pressure in microflows. In the present study, we fabricate a paintable PSP based on polymer particles, i.e. (pp-)PSP, and paint it onto the sidewall of a microduct whose exit height is 500 μm, length is 10 mm. With appropriate calibration, not only the temperature distribution is revealed by virtue of the high temperature-sensitivity of the paint, but also the pressure variation is disclosed through oxygen quenching and the acquired temperature data. The experimental results of PSP are validated by numerical computation that has 3-D Reynolds-averaged Navier-Stokes (RANS) governing equations, indicating feasible application of (pp-)PSP in measuring pressure of temperature of microflows.

  • 高周波で振動する小さな超音速噴流による超音速振動流れの制御 国際会議

    半田 太郎, 武村実穂*, 大谷清伸*, 鵜飼孝博*

    日本機械学会第96期流体工学部門講演会  ( 北海道 )   2018年11月  日本機械学会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Measurement of number density in microduct gas flow using laser-induced fluorescence 国際会議

    カン ビン, 半田 太郎

    29th International Symposium on Transport Phenomena  ( Hawaii Convention Center, Honolulu HI, U.S.A. )   2018年11月  Pacific Center of Thermal Fluids Engineering (PCTFE), The Japan Society of Mechanical Engineers (JSME), The Heat Transfer Society of Japan (HTSJ)

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The number density distribution along flow passage in a microduct is measured by adopting laser-induced fluorescence (LIF) technique. Initially, acetone molecules are seeded into the flow from the upstream region, then are excited by a Nd:YAG laser. The light emission from the excited acetone molecules is detected by a CCD camera via image intensifier as LIF signals that are further converted to number density. Numerical computation is executed by solving 3-D Reynolds-averaged Navier-Stokes equations, and is compared with the experimental results. The LIF technique is considered capable of detecting the number density in microflows with accuracy.

  • Study on Characteristics of AA-PSP Response Using a Shock Tube 国際会議

    Teppei Kuwata*, Akira Kotani*, Taro Handa

    29th International Symposium on Transport Phenomena  ( Hwaii,U.S.A. )   2018年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Measurement of Number Density in Microduct Gas Flows Using Laser-Induced Fluoresecence 国際会議

    カン ビン, 半田 太郎

    29th International Symposium on Transport Phenomena  ( hawaii,U.S.A. )   2018年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PIV and MTV Measurement of Highly Accelerated and Decelerated Supersonic Flow and Correction of PIV Data 国際会議

    半田 太郎, Shunsuke Koike*

    第50回流体力学講演会(JSASS/AIAA Joint Session)  ( 宮崎 )   2018年7月  日本航空宇宙学会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高周波運動量付加用スモールジェットの超音速流中での動作とその効果に関する実験的研究 国際会議

    半田 太郎, 武村実穂*, 大谷清伸*, 鵜飼孝博*

    平成29年度衝撃波シンポジウム  ( 東北大学流体科学研究所 )   2018年3月  日本衝撃波研究会

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • LIF法による超音速マイクロ内部流れ計測と現象解明 国際会議

    半田 太郎, 松田祐*, 江上泰広*

    第13回学際領域における分子イメージングフォーラム  ( 宇宙航空研究開発機構 )   2017年11月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Computational Study on Compressible Flows in Straight Rectangular Microducts 国際会議

    カン ビン, 半田 太郎, Yu Matsuda*, Yasuhiro Egami*

    14th International Conference on Flow Dynamics  ( Sendai International Center )   2017年11月  Tohoku University

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Experimental Study on High-Speed Flow Control Using Small-Sized Oscillatory Jet 国際会議

    Miho Takemura*, Akira Urita*, Taro Handa, Kiyonobu Ohtani*, Yu Matsuda*, Yasuhiro Egami*

    Fourteenth International Conference on Fluid Dynamics  ( sendai )   2017年11月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Measurement of Number Density in Supersonic Microduct Flows Using LIF Method 国際会議

    Taro Handa, Keiichiro Kitahara*, Akira Urita, カン ビン, Yu Matsuda*, Yasuhiro Egami*

    The Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference  ( okinawa )   2017年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Optical Measurement Methods for High-Speed Gas Flows 招待 国際会議

    Taro Handa

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability (ICMaSS) 2017  ( Nagoya University )   2017年9月  Institute of Materials and Systems for Sustainability

     詳細

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • LIF法を用いた超音速マイクロ内部流れの密度計測と流れ解析 国際会議

    半田 太郎, 松田佑*, 江上泰広*

    平成28年度衝撃波シンポジウム  ( 横須賀 )   2017年3月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • AA-PSPを用いたキャビティ流れをともなう超音速混合場の計測 国際会議

    岡尭志*, 半田 太郎, 松田佑*, 江上泰広*, 赤木富士雄*, 山口住夫*, 山邉光一郎*, 益田悠平*

    日本機械学会第94期流体工学部門講演会  ( 山口大学 )   2016年11月 

     詳細

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • MTVによる超音速マイクロ流れ速度変動計測法の実現可能性に関する研究 国際会議

    半田 太郎

    第12回学際領域における分子イメージングフォーラム  ( JAXA )   2016年11月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PLIF Investigation of Compressible Microjets Issuing from a Rectangular Convergent Nozzle 国際会議

    Taro Handa, Hideto Kambara*, Masaru Harada*

    The 13th International Conference on Flow Dynamics  ( sendai )   2016年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気体流れ計測用MTVの現状と展望 国際会議

    半田 太郎

    第54回飛行機シンポジウム  ( 富山 )   2016年10月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Investigation of Supersonic Mixing Enhanced by Cavity-Induced Oscillatory Flow Using AA-PSP 国際会議

    Takayuki Oka*, Taro Handa, Yu Matsuda*, Yasuhiro Egami*, Fujio Akagi*, Sumio Yamaguchi*, Koichiro Yamabe*, Yuhei Masuda*

    The 27th International Symposium on Transport Phenomena  ( Honolulu,USA )   2016年9月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アセトン分子を発光分子としたLIF 法による圧縮性マイクロ噴流の可視化 国際会議

    半田 太郎, 神原秀仁*, 原田大*

    第44回可視化情報シンポジウム  ( 工学院大学 )   2016年7月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • AA-PSP を用いたキャビティ流れが作用する超音速混合場の圧力振動の可視化 国際会議

    岡尭志*, 半田 太郎, 松田佑*, 江上泰広*, 赤木富士雄*, 山口住夫*, 山邉光一郎*, 益田悠平*

    第44回可視化情報シンポジウム  ( 工学院大学 )   2016年7月 

     詳細

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

受賞

  • 2017年度後期教育優秀賞

    2018年   豊田工業大学  

    半田太郎

  • 工学講義賞

    2011年11月   九州大学工学部  

    半田太郎

科学研究費補助金

受託研究・共同研究 ※本学入職以降の業績のみ

  • フェムト秒レーザを利用した状態量場計測法の研究

    共同研究 2022年6月 - 2023年3月

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

    半田 太郎

  • FLEETシステムの風洞試験における適用条件の調査

    共同研究 2020年6月 - 2022年3月

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

    半田 太郎

  • シードレス型分子タギング計測法の波長特性の取得とアセトンMTV法との比較

    受託研究 2019年7月 - 2020年3月

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

    半田 太郎, 大石 泰丈

  • シードレス型分子タギング計測手法の適用可能性の検討

    受託研究 2018年8月 - 2019年2月

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

    半田 太郎, 大石 泰丈

奨学寄付金・研究助成金 ※本学入職以降の業績のみ

  • 分子イメージング技術を用いた衝撃波発生条件における超音速マイクロ内部流れの現象

    公益財団法人豊田理化学研究所 2017年4月 - 2018年3月

    半田 太郎

担当科目(学内) ※授業フィードバックは学内ネットワークからのみ閲覧可能です。

▼全件表示

教育内容・方法の工夫

  • 流体応用

     詳細

    「流体応用」で扱う範囲は多岐にわたり,これらを網羅する教科書は見当たらないため,独自に資料を作成し,学生の理解が進むように配慮した.

  • 流体解析

     詳細

    「流体解析」では,流体力学の学理を説明するために多くの数式を用いるので,学理から得られる流体現象を図示したものや実験結果を資料で配布し,学理を学ぶ意義を学生が理解できるように配慮した.また,演習問題も作成し,学生が授業で学んだ内容を深く理解できるように配慮した.なお,2019年度には本講義において教育優秀賞を受賞した.

  • 流体基礎

     詳細

    「流体基礎」では「流体運動の基本と本質」が理解できるように,流体現象の可視化結果を紹介し,授業で学ぶ基礎的な学理や現象の理解が進むように配慮した.また,演習問題も作成し,学生が授業で学んだ内容を深く理解できるように配慮した.

  • 流体力学特論

     詳細

    本講義のテキストに相当する資料を作成するとともに演習問題を作成し,学生の理解が進むように配慮した.また,これらの資料を英語で作成し,授業や演習問題を通して流体力学における英語表現を学生が自然と身につけられるように配慮した.なお,2020年度には本講義において教育優秀賞を受賞した.

  • 工学基礎実験Ⅰ(加速度)

     詳細

    2020年度から実験内容を,学生が理解しやすい減衰振動をテーマに加速度計や変位計の原理が分かる内容に一新した.

作成した教材

  • 「工学基礎実験Ⅰ(加速度)」

     詳細

    実験科目「工学基礎実験Ⅰ(加速度)」の教科書と実験装置

  • 「流体基礎」「流体解析」「流体応用」「流体力学特論」

     詳細

    各種講義「流体基礎」「流体解析」「流体応用」「流体力学特論」における配布資料

受賞(教育活動)

  • 豊田工業大学2020年度後期教育優秀賞(30人未満) 「流体力学特論a」

    2020年 

  • 豊田工業大学2019年度後期教育優秀賞(30人以上) 「流体解析」

    2019年 

  • 豊田工業大学2017年度後期教育優秀賞(30人未満) 「流体力学特論」

    2017年 

その他教育活動及び特記事項

  • サイエンス体験プログラム授業(桑名高校)
  • 小学生向け体験授業(南山小学校)
  • 小学生向け体験授業(南山小学校)
  • 日本機械学会東海支部 小・中学生のためのものづくり体験教室「風車が回るしくみ」(トヨタ産業技術記念館)
  • 豊田工業大学サマーセミナー学生受け入れ(中興大学 修士学生)
  • オープンキャンパス体験授業
  • サイエンス体験プログラム授業(大垣東高校)
  • 小学生向け体験授業(南山小学校)
  • インターンシップ受け入れ(Brno University of Technology 修士学生)
  • オープンキャンパス体験授業
  • サイエンス体験プログラム授業(天白高校)

▼全件表示